メニューヘッド
  • 小学生コース
  • 小学生コース
  • 小学生コース
  • 小学生コース
  • 修明塾の講習
  • 中学生・高校向け
  • ドリームスクール(中1・中2)
  • 高校受験科(中3)
  • 個別指導コース(中学生・高校生)
  • 修明塾の講習
  • ことばの学校
  • ことばの学校
  • ことばの学校
  • ことばの学校
  • アクセス
  • ことばの学校
  • お問い合わせ
  • ことばの学校
  • 資料請求・無料体験授業
  • ことばの学校

公立中学版~内申点基準について

【塾報しゅうめい2018年7月号記事抜粋】

内申とは、主に次の4つの観点に沿って算出します。
① 「関心・意欲・態度」…授業での発言・提出物など姿勢が前向きであるか。

② 「知識・理解」…丸暗記だけでなく、正しく理解できているか。

③ 「技能」…学んだことを、テストなど適切な場面で正確に使えているか。

④ 「思考・判断・表現」…学んだことを自分の知識としてアウトプットできているか。

学校や教科によって若干の違いはありますが、この項目に対し、到達度が設定され、A(十分できている)・B(おおむねできている)・C(努力を要する)の3段階評価をし、総合的な判断により、「5」や「4」など内申が確定します。定期試験で80点や90点を取っても「3」の場合も実際にあるので、成績と評価項目の分析が必要です。学校側も評価の根拠はきちんと用意しています。

【文責:柴田 圭】